ニュース&ブログ

熊本県フットサルリーグ2部 試合結果報告

KFA第22回熊本県フットサルリーグ2018 2部

12/15(土)12:30 @宇土市民体育館

第7節

エンフレンテ熊本U-18 6-9 学園大学フットサル部

 

今節から始まる後期リーグ。ひとつでも上の順位で終わるため、一矢報いるためにも首位を快走する学園大をここで叩きたいところ。前節に引き続き欠場者が相次ぐメンバー編成の中、自分たちのペースでプレーできるかが鍵となってくる。

 

U-18にとって約1ヶ月ぶりとなった公式戦は立ち上がりからゲームが動く。最終ラインでの不用意なゲームロストから学園大No.17高島に決められ、開始早々にリードを奪われる。その後も入りの悪さからミスを連発。次々と失点を重ねてしまう。

 

そんな中前半9分、個人での突破からNo.45石田がゴール!重苦しい雰囲気を払拭させる1点となった。

この得点をきっかけに攻勢に出るエンフレンテだったが、最終局面を崩しきることができない。逆に前半17分に失点。前半を1-5で折り返す。

 

後半に入ると怪我人を抱え人数が少ない学園大の運動量が落ち、エンフレンテがボールを保持する時間帯が増える。前半で各々が得た手応えからか、ドリブル突破など強気なプレーが多くなり、チャンスの数も増加する。

しかし、後半最初の得点は学園大のNo.17高島。GKとの1vs1を冷静に沈めこの日4得点目を記録する。

その1分後この試合が公式戦初出場となるNo.78平木がサイド突破から強烈なシュートを叩き込む。相手に流れが傾きかけた状況での重要なゴールだった。後半33分にはNo.45石田がこの日2点目を挙げ3-6とする。

すぐに1点を失ってしまうが残り3分を切ったところからエンフレンテが驚異の粘りを見せる。

 

No.50東田がこぼれ球を強引にねじ込み4-7。No.78平木のこの日2点目で5-7。No.45石田のハットトリック弾で6-7と僅か1分弱で3得点し、一気に一点差まで詰め寄る。残り時間が1分を切り失点のリスクはあったがFP4枚が全員が攻め上がり得点を奪いに行く。だが、残り30秒を切ったところで最終ラインでのボールロストから失点してしまい万事休す。終了間際にさらに1点を追加され6-9で試合終了。首位の学園大相手に最後の最後まで食らいついたが個人の能力の差が如実に表れる結果となった。

 

これで残り5試合全勝したとしても首位の学園大を上回れないため、優勝の可能性は完全に消滅してしまった。

僅かに残っている入替戦の可能性を信じ、残り5試合全勝を目指していきたい。

 

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)

No.45 石田 淳也

この試合ハットトリックを達成し、今シーズン7試合7得点と攻撃の軸となっている。得点ランキングでも3位につけ、残り試合での更なる爆発に期待がかかる。

 

得点経過

01:02 学園大 0-1

03:04 学園大 0-2

03:46 学園大 0-3

07:03 学園大 0-4

08:31 No.45 石田 淳也 1-4

16:39 学園大 1-5

26:36 学園大 1-6

27:06 No.78 平木 一成 2-6

32:42 No.45 石田 淳也 3-6

33:15 学園大 3-7

37:07 No.50 東田 純平 4-7

37:27 No.78 平木 一成 5-7

38:14 No.45 石田 淳也 6-7

39:33 学園大 6-8

39:42 学園大 6-9

 

公式記録

県リーグ2部 順位表

 

森岡薫選手クリニック中止のお知らせ

2018年12月16日に予定しておりました森岡薫選手によるフットサルクリニックを森岡選手の日本代表活動の都合上中止とさせていただきます。

お申し込みいただいた皆様、誠に申し訳ございません。

 

改めて開催できるように調整していきますので、その際はぜひご参加よろしくお願いいたします。

 

EFKフットサルフィールド熊本店

ゼビオカップin熊本 開催決定!

ゼビオグループ、日本フットサル連盟、Fリーグ主催のもと「SuperSportsXEBIO CUP in熊本大会」がEFKフットサルフィールド熊本店で開催されます。

全国各地で開催されているゼビオカップ。昨年度に引き続き熊本ではEFKフットサルフィールドで開催されます。

 

開催日:2018年12月22日(土)14:00~18:00

会場:EFKフットサルフィールド熊本店

対象カテゴリー:U-18

参加費:5000円/1チーム

 

詳しくはコチラからご確認ください。エントリーもコチラのURLからお願いします!

https://entry.spotoq.com/tournament/563239

※チーム数が上限に達し次第受け付け終了となりますので、なるべくお早めにお申し込みください!

 

お問い合わせ

emfrentekumamoto@efkfutsal.com

080-3378-2100

EFKフットサルフィールド熊本店 平野

全日本選手権九州大会 結果報告

2018年12月1日(土),2日(日)に鹿児島県で開催された「JFA第24回全日本フットサル選手権九州大会」に熊本県代表として出場しました。

結果は1回戦敗退。

エンフレンテ 4-6 REVIVAL futsal SAGA

となりました。

 

前半は初の九州大会の舞台に圧倒されたか、自分たちのミスやセットプレーにより失点を重ねてしまいました。1-6で折り返します。

後半は点差が開いたことによって、どこか開き直って楽しんでプレーすることができました。5点差をひっくり返す大逆転劇を演じようと猛攻を仕掛けましたが、反撃も3点止まり。チャンスは作っていましたが、最後まで崩しきるところまで到達できませんでした。

 

鹿児島まで応援に駆けつけてくれたスクール生や保護者様方、高校生やベンチに入ることのできなかった選手の応援のおかげで熊本開催なのかというくらいホーム感を感じながらプレーすることができました!本当にありがとうございました。

 

初めての九州のステージは初戦敗退に終わりました。次の目標は県リーグ優勝。そして九州リーグ昇格です。

県リーグは残り3試合。全て勝って目標を達成したいと思います!

 

応援ありがとうございました!

 

得点経過

-前半-

0-1 リバイバル

0-2 リバイバル

1-2 No.5 清原 勢太

1-3 リバイバル

1-4 リバイバル

1-5 リバイバル

1-6 リバイバル

-後半-

2-6 No.91 赤﨑 蛍

3-6 No.55 藤本 毅

4-6 No.7 坂田 修哉

全日本フットサル選手権 九州大会

2018年12月1日(土)、2日(日)に鹿児島県で開催されるJFA第24回全日本フットサル選手権 九州大会の組み合わせが決定しました!

 

12/1(土)@鹿児島アリーナ

14:45 vs REVIVAL futsal SAGA(九州リーグ1部5位)

勝利した場合

18:45 vs(カティオーラAZNA vs Espolecana MFCの勝者)

 

12/2(日)

準決勝 10:00

決勝戦 14:00

 

といったスケジュールです。

 

 

もちろんどこのチームも格上です。

残り約10日間しっかり準備をして、後悔の無いように戦ってきたいと思います!

 

応援よろしくお願いします!!

森岡薫選手によるフットサルクリニック開催決定!

【お知らせ】

12/16(日)

 

遂にフットサル界のレジェンド「森岡 薫」選手がEFKフットサルフィールド熊本店にてクリニックを開催します!

 

お申し込み方法など詳しくは画像をご確認ください。

 

定数に達し次第締め切らせていただきますので、なるべくお早めの申込みをオススメします!

 

皆様のご参加お待ちしております!

 

注意事項

①当施設はスパイクの使用禁止です。

②駐車場には限りがありますのであらかじめご了承ください。

③イベント当日は施設内にて軽食販売も行います。ぜひそちらもご利用ください。

 

【お問い合わせ】

080-3378-2100

emfrentekumamoto@efkfutsal.com

EFKフットサルフィールド熊本店 まで

熊本県フットサルリーグ2部 試合結果報告

KFA第22回熊本県フットサルリーグ2018 2部

11/4(日)12:30 @大矢野総合体育館

第6節

エンフレンテ熊本U-18 3-4 FS SolBiAnca

 

全日本選手権ベスト4の勢いそのままに、前節は上位のパンテーラに勝利したエンフレンテU-18。今節では初の連勝がかかるなか、勝点で並ぶソルビアンカと対戦する。

主力数名が欠場するメンバー構成ではあるが、経験値豊富なソルビアンカ相手に運動量で対抗したい。

 

先制したのはエンフレンテ。No.48宮本の今シーズン初ゴールで1-0とする。その直後にもNo.45石田の突破から、No.50東田が流し込み2-0とリードを広げる。

ここで気の緩みが生じたか、プレスの強度と運動量が落ちてしまう。

最終ラインでの連携ミスからボールを奪われ失点。前半終了間際にも失点し、2-2で前半を折り返す。

後半もう一度ギアを上げてピッチに入るが、なかなか得点を決めきれない。

そんな中ソルビアンカNo.6辻村に立て続けに得点を奪われてしまう。

2-4となり、得点を奪いにいくエンフレンテ。No.96鬼塚のミドルシュートで1点を返すも、同点にすることができず3-4で敗戦。

一時は2-0と勝っていただけに悔しい試合となった。

 

これで前期リーグ6試合が終了。エンフレンテU-18は1勝5敗で最下位での折り返しとなった。

前半戦に比べてここ数試合は内容も格段に良くなってはいるが、後期リーグでは内容だけでなく勝点に繋げていきたい。

 

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)

No.50 東田 純平

シーズン初得点を決まるなど攻撃の起点となり続けた。Topチームに昇格した澤田が抜けてから、より実践的なピヴォとして成長を見せている。これからは守備での貢献度と得点数を増やしていきたい。

 

得点経過

07:01 No.48 宮本 翔唯 1-0

07:29 No.50 東田 純平 2-0

11:39 FS.SolBiAnca 2-1

19:47 FS.SolBiAnca 2-2

25:14 FS.SolBiAnca 2-3

25:58 FS.SolBiAnca 2-4

27:34 No.96 鬼塚 凱生 3-4

 

公式記録

県リーグ2部 順位表

熊本県フットサルリーグ1部 試合結果報告

KFA第22回熊本県フットサルリーグ2018 1部

11/4(日)15:50 @大矢野総合体育館

第6節

エンフレンテ熊本 12-3 FC東陽

ここまでリーグ戦5試合を4勝1分と好調をキープしているエンフレンテ。今節で勝利すれば1試合を残して前期1位が確定する重要なゲームである。

相手は昨季王者のFC東陽。個人技の高さ、攻撃力はリーグでもトップレベルである。

 

試合開始時点では人数が5人ちょうどということもあり、自陣に守備ブロックを形成するFC東陽に対してエンフレンテが攻撃を仕掛けるという展開となった。

開始早々に得点が動く。No.77今村がシュートのこぼれ球にしっかり詰めて1-0とする。その後は守備ブロックをなかなか崩せずにスコアが動かない時間が続いた。

前半8分にまたもやこぼれ球に詰めたNo.97冨田が加点し2-0。その直後にもNo.77今村がミドルシュートを叩き込み3-0。着実に差を広げていく。

その後も今節限りでの退団が決まっているNo.6濱武にゴールが生まれるなど前半を7-0で折り返す。

 

後半も同じような展開で試合が進み、一時は10-0までスコアが開いたが、そこから相手選手のミドルシュートやFKなどで3失点。結局スコアは12-3で終了となった。

点差は開いたものの、前節に引き続き終了間際での失点という課題が残るゲームでもあった。

 

この勝利によって前期リーグを首位で折り返すことが確定。2位との勝点差4をキープした。

 

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)

No.77 今村 翔

9月の熊本FC戦に引き続き今季2度目のハットトリック。シーズン8点目となり、得点ランキングでも4位に浮上した。高校2年生での1部リーグ得点王という快挙も視野に入ってくるなか、これまで通り安定感のあるプレーを継続していきたい。

 

得点経過

00:50 No.77 今村 翔 1-0

08:00 No.97 冨田 陸 2-0

08:09 No.77 今村 翔 3-0

12:49 No.6 濱武 奈央也 4-0

16:18 No.77 今村 翔 5-0

17:24 No.88 澤田 健太 6-0

19:02 No.19 山﨑 拓実 7-0

25:45 No.23 平野 涼太 8-0

27:30 No.55 藤本 毅 9-0

27:40 No.18 與那城 朝將 10-0

30:36 FC東陽 10-1

32:08 No.55 藤本 毅 11-1

33:42 No.7 坂田 修哉 12-1

39:48 FC東陽 12-2

39:55 FC東陽 12-3

 

公式記録

県リーグ1部 順位表

熊本県フットサルリーグ1部 試合結果報告

KFA第22回熊本県フットサルリーグ2018 1部

10/28(日)15:50 @大矢野総合体育館

第5節

エンフレンテ熊本 5-1 熊本大学

 

悲願の全日本選手権初優勝を果たしたエンフレンテ。今節では選手権準決勝でも対戦した熊本大学と2週連続の対戦となった。

連戦が続くなかで主力数名のローテーションを実施した今節は必ず勝点3を取らなければならないというプレッシャーとの戦いでもあった。

前回対戦でペースを掴みきれなかった反省を踏まえ、セット構成や攻撃方法も新たなもので勝負したエンフレンテ。チーム力を試される一戦となる。

 

スタメンには全日本選手権からTopチームに登録したNo.88澤田やこれがデビュー戦となるNo.91赤﨑も名を連ねた。

先制したのはエンフレンテ。No.7坂田が個人の能力で打開し1-0。その後はNo.77今村がミドルシュートを沈め2-0。No.21深井がGKとの1vs1を冷静に流し込み3-0。同じくGKとの1vs1からNo.53田村の公式戦初ゴールで4-0。次々と得点を重ねたエンフレンテが前半を4-0で折り返す。

 

後半は互いに決定機を迎えるもなかなか得点が動かないまま時計が進んでいく。迎えた後半10分にNo.21深井が再びゴールで5-0。更に追加点を奪いにいくがチャンスを決めきれない状態が続くと、後半19分にDFラインの裏を使われ痛恨の失点。無失点試合達成とはならなかった。そしてそのまま試合終了。エンフレンテが5-1と勝利した。

 

これでエンフレンテは開幕5戦を4勝1分とし勝点を13に伸ばした。他チームの結果も作用し、2位との勝点差は4に広がった。

 

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)

No.21 深井 大熙

全日本選手権決勝に引き続き1試合2得点を記録。好調を維持している。得点以外にも多くの役割をこなしており、デビューシーズンとは思えない結果を残している。

 

得点経過

05:41 No.7 坂田修哉

09:56 No.77 今村翔

12:26 No.21 深井大熙

15:00 No.53 田村綜馬

29:20 No.21 深井大熙(2点目)

38:19 熊本大学

 

熊本県フットサルリーグ1部 日程・結果

 

熊本県フットサルリーグ1部 順位表

熊本県フットサルリーグ2部 試合結果報告

KFA第22回熊本県フットサルリーグ2018 2部

10/28(日)12:30 @大矢野総合体育館

第5節

エンフレンテ熊本U-18 6-2 FC Pantera

 

全日本選手権ベスト4入りの勢いそのままに県リーグでも初勝利を挙げたいエンフレンテU-18。

今節は2位に位置するパンテーラと対戦した。

 

序盤からサイドを突破してチャンスを作り出すエンフレンテに対して、カウンターやシンプルなピヴォ当てで攻撃するパンテーラ、といった構図で試合が進む。

前半12分、ついに試合が動く。第2PK付近でフリーになったNo.32石坂のシュート性のパスをNo.31福島がゴール前でコースを変え、エンフレンテが先制に成功する。

その1分後、右サイドのCKからマークを外したNo.96鬼塚が豪快に蹴り込み2点目。3分後には右サイドの突破からのNo.32石坂のシュートが相手DFに当たりゴールネットに吸い込まれる。僅か4分間でエンフレンテが3点を固め取りし、3-0で前半を終了する。

 

後半開始直後からパンテーラの逆襲が始まる。一気にギアを上げ立て続けにシュートを打っていくと、後半開始1分にも満たない時間帯でパンテーラにゴールが生まれスコアは3-1に。パンテーラに流れが傾きかけたその2分後にNo.45石田が左サイドを打開し貴重な追加点。再び3点差に突き放す。

パンテーラにミドルシュートを決められ2点差に縮められるも、No.45石田がこの日2点目のゴールを決める。直後にはNo.46西野が県リーグ初ゴールを記録し、試合終了。

 

勝点0で最下位のエンフレンテが2位のパンテーラに勝利する波乱のゲームとなった。

 

MOM(マン・オブ・ザ・マッチ)

No.45 石田 淳也

後半の流れが悪い時間帯で貴重な追加点を記録。結果的にゲームを左右するゴールとなった。

 

得点経過

12:22 No.31 福島史大

13:17 No.96 鬼塚凱生

16:43 No.32 石坂岬己

20:55 FC Pantera

22:48 No.45 石田淳也

31:16 FC Pantera

35:27 No.45 石田淳也(2点目)

36:44 No.46 西野慶志

 

熊本県フットサルリーグ 公式記録